エコ

電気基本料金を節約

電気料金のうち基本料金を節約するためにデマンドコントロールを利用することができます。日本では事業所向けに無料で電気使用量の信号を得ることができ、設定した値を超えそうなときには自動的に電気機器を制御したり、アラームから手動で電気機器を制御します。

自宅の状況を確認しよう

女性

価格をしっかりと確認

電力自由化が始まったという事を聞いても、面倒だからと何もしない人も少なくないと言えます。しかし、実際いろいろな電力提供会社のサービスを比較して検討をしてみるという事は、とても大切です。電力自由化によって、提供しているサービスがより良くなるという事も想定されます。また、いま利用している電力会社よりも、さらに価格やサービスが良い会社もあると考えれば、一度比較しておくことが重要だと言えます。電力自由化によって、ガス会社、大手家電量販店など名前が知られているようなところが参入しているという事もあり、名前を知っている会社を利用できる可能性があるという事を知ることもできます。まずは、自宅で利用している電気料金が毎月どのぐらいなのかを把握してみる事から始めましょう。電力自由化の会社の比較については、インターネットを利用することがスピーディーです。比較サイトなどを利用することによって、簡単に一覧で利用できる電力自由化対応の会社を見つけることが出来ます。入力する内容も、自宅の郵便番号や世帯人数、そして今契約している電気プランなど非常に少ないポイントだけです。今の電気使用量もしくは金額を入力すれば、おおよそどのぐらい年間で安くなるかという比較をしてくれるので、非常にわかりやすく便利だと感じられるはずです。割安な会社だけでなく、今と同額であったり割高の会社まで掲示してくれるので、検討するものをどれにすべきか考慮するきっかけとなります。

太陽光発電

自家発電確保と環境貢献に

非常用電源やピーク時の電力補填をはじめ、事業運営を賄うに足りる自家発電電力を確保するうえでは、効率的で高性能な再生可能エネルギーシステムの導入がおすすめです。太陽光、水力発電、燃料電池からの供給電力を管理し、蓄電池とも連動して事業運営に使用できます。

コンセント

電気代を節約したいなら

電力自由化によって電気代を節約したいという場合には電気使用量を抑えるのではなく、電力会社の見直しも重要となっています。その際に何から始めたら良いのかわからないという場合には、比較サイトを利用することで簡単に自分の住んでいる地域で利用出来る電力会社やサービスを知ることが出来ます。

ECO

基本料金を下げられます

事業所の電気料金の基本料金は1年間の最大のデマンド値で決まります。そのため、デマンド値を下げられれば基本料金を下げられます。デマンドコントロールで電気使用量を見えるようにして、デマンド値を超えそうになったらアラームを鳴らすなどして電気機器を制御することができます。

ソーラーパネル

自然の力を利用しよう

再生可能エネルギーシステムはクリーンエネルギーの利用という点で、恒常的で低コストと言えます。初期投資にはコストはかかるものの余剰電力を販売したり、低コストでの電力利用ができるため、長期的に見れば十分プラスになります。また、初期投資費用も技術の進歩と共に段々と安くなっていくことも予想されます。

Copyright© 2018 電力自由化のメリット!会社の比較はインターネットを利用 All Rights Reserved.