電気基本料金を節約

エコ

設定値を超えるとアラーム

電気料金は基本料金と電気使用量で決定しますが、そのうち基本料金はデマンドコントロールを利用することによって節約することが可能です。デマンドコントロールは一定の時間内で利用している電力量を常に監視しておき、設定した値を超えたらアラームを出したり、自動的に照明や空調を弱めたり、消したりするシステムになります。欧米を中心にデマンドコントロールは行われていますが、取り組み方には各国で違いがあり、日本では電気使用量の多い事業所向けにデマンドコントロールが利用されています。デマンド値は毎時0分と30分で決定し、1日に48回あります。例えば30分間の電気使用量が超えたくない値の3分の2に達したときに警報機やパトランプで警報を鳴らすようにします。空調や照明などの電気機器の調整は手動で行います。また、設定値を超えそうになったときに自動で制御するデマンドコントロールもあります。この場合、設置されている電気機器に優先順位を付けておいて、その優先順位に従って自動的に電気機器を制御することができます。デマンドコントロールを導入しようと決めた時には、電力会社に申し込みをすると無料で電力計から計量信号を得ることができます。基本料金を節約したいあまりにデマンド値を厳しくしすぎると、空調の効きが悪くなり作業環境の悪化を招いてしまいます。1年間や1日でのデマンドを調査して、適切なデマンド値に設定することを忘れないようにしてください。

Copyright© 2018 電力自由化のメリット!会社の比較はインターネットを利用 All Rights Reserved.