自家発電確保と環境貢献に

太陽光発電

安定した電源確保を

東日本大震災を契機に大災害によってライフラインが寸断された際に、どのように電源を確保するかが問題になりました。原発事故による電力不足や地球温暖化を防止するためのCO2排出量削減を目指し、再生可能エネルギーへの注目も高まり、太陽光発電やバイオマス発電などを導入する動きが企業や病院、商業施設や工場でも増えています。所有する工場や運営する商業施設全体から周辺地域まで供給できる電力を賄える再生可能エネルギーシステムを設置するところや、電力需要のピーク時や災害時の非常用電源として屋上や屋根の上、空いているスペースなどに太陽光発電パネルなどを設置して小規模ながらも再生可能エネルギーシステムを利用している事業者もあります。太陽光発電の導入が一般家庭で普及した当時は日中しか電気が作れず、蓄電ができないのがネックと言われていましたが、再生可能エネルギーシステムの進化に伴い、蓄電池の設置で蓄電も可能となっています。家庭では高価で設置する場所もないと導入が進まない蓄電池ですが、企業や事業所で日々の事業運営や非常時における事業の継続や環境貢献策の一環として導入する場合には、太陽光発電と蓄電池、さらにリスクの分散化や環境資源の活用として、太陽光発電に加えて風力発電や燃料電池なども組み合わせるのもおすすめです。再生可能エネルギーシステムを用いることで、太陽光や風力、燃料電池からそれぞれ発電された電力を受給管理でき、施設や工場の電源として利用可能となります。

Copyright© 2018 電力自由化のメリット!会社の比較はインターネットを利用 All Rights Reserved.